すみやグッディ

すみやグッディ

すみやグッディ ホーム > 楽器・楽譜 > 東京ハッスルコピー > Dances for Wind  Orchestra

Dances for Wind  Orchestra

作曲者 高 昌帥
出版社 東京ハッスルコピー
価格 10,000円

【作曲】高 昌帥

No収録曲作曲(編曲)演奏時間
【編成】
Flute 1,2(Piccolo)
Oboe
Bassoon

B♭ Clarinet 1,2,3
B♭ Bass Clarinet

E♭ Alto Saxophone 1(Soprano Saxophone),2
B♭ Tenor Saxophone
E♭ Baritone Saxophone

B♭ Trumpet 1,2
F Horn 1,2
Trombone 1,2
Euphonium
Tuba
String Bass

Timpani
Percussion 1(4 Tom toms / 5 Temple Blocks / Guiro / Snare Drum / Tam tam / Maracas)
Percussion 2(Suspended Cymbal / Bass Drum / Tambourine / Crash Cymbals)
Percussion 3(Xylophone / Triangle / Glockenspiel / Bass Drum)


【解説】 スタイルや音調の異なる3つの舞踊音楽的楽想を組み合わせた作品です。
1つ目は、アフタービートの効いたリズムという意味ではアメリカ・ポピュラー音楽を、しかし調性の曖昧な音調が現代音楽を象徴する部分。
2つ目は、シンプルなワルツで、他の2つに比べると調性も感じられる、ヨーロッパ・クラシック音楽を象徴する部分。
3つ目は、アジアを代表して我がルーツである朝鮮半島の伝統音楽で用いられるリズムパターンのひとつを使い、音調は他の2つの中間を狙っています。
これら3つの音楽を、異質性を保ちながらも一種の簡略版ソナタ形式の枠の中に並列させることで、バルトークが「舞踏組曲」で成し遂げたこと、即ち「諸国民・諸民族の連帯」を音楽というユートピアの中で表現することを試みました。
(高昌帥)

ページの先頭へ